岡村靖幸 新アルバム「幸福」についての感想 その① 楽曲編

f:id:takaran5:20160201000005j:plain

>>>>長文注意<<<<<

 

Ⓜ️①「できるだけ純情でいたい」

 

岡村靖幸50歳。11年半ぶりの新作アルバムの、オープニング第1曲目。
これですよ。このタイトル。ピュア推し。

希望を、意向を示すのは大事なことです。

イントロからいきなりドラマチックで引き込まれる。

いつかのDATEのアルファインのOPの雷を思い出す。

AOR(アダルトオリエンテッドロック)、大人向けロックの趣き。

そして岡村ちゃん特有のギターとベースのカッコよさと。特に
サビのファルセットが心地良く気持ち良く、非常に美しい。
バイオリンの弦の響きを聴いた時に感じるような、美しく重なり合うコーラス。

とても美しい。脳内に柔らかに刺さるグラデーション。
わたし的順位を塗り変えた。イケナイコトカイのEDを超えた。

ずっと絶え間なく聴いていられる。ヘッドフィン推奨。豪華な1曲。

作詞作曲がご本人なので当たり前だろうけど、サウンド(音)と言葉の

密着度、乗せ方がすごい。

どの音も効く。伸びやかで艶やかな歌声。ずっと聴いていたい。

 

最初は歌詞カードを確認せずに聴いてみました。

毎度のことですが、今回もやっぱり何言ってるのか分からなかった所がありました。

(でもそこが良い!)

サウンドはそのままで、歌の歌詞の意味を考えずに音として流れ込んできました。

1曲の中で狂おしく粘度のある歌声と、泣きそうな歌声が聞こえて、

それが冷たいシンセ音に溶けて悲しく響きました。

 

 《真心ノックしたい》

キャッチー。そう簡単に開かなさそう。

アイドルソングのタイトルにもなりそうなくらい、秀逸な歌詞。

これ流行語決定、イン・マイ・マインド。

 

 《世界  不条理》

文字通り頻発しているテロ事件のことを思い浮かべた。

愛の不条理な世界。 うーん、不倫? 不倫の歌かな。それとも三角関係の歌?
そもそも愛はパラドクス。 ほんとめちゃくちゃになるし絡まることがある。

矛盾・逆説・である。不条理。

大好きだから大嫌いにもなるものです。無関心になったらもう終わり。

記憶の中の甘美な痛みとやまない心の雨の情景。痛いほど好きな気持ち。焦がれてる曲。

 

《負けてるが めげなくデートしたい》

受け入れ難きをありのまま受け入れ、負けを認めている。

岡村靖幸の音楽の中で繰り返されるテーマ。


開き直りでなく、圧倒的に不利な立場でも、それでも、尚、ベストを尽くそうとする。そうゆう点が、私が岡村靖幸の歌詞に心惹かれる理由かもしれない。

 優勝できなかったスポーツマンみたいに、困難にジャンプしてキッスする男の子

軽蔑をバネしょってくじけない女の子 

ぼくらならできるはずの 革命チックなダンキンシュート。

ダメでもダメなりに、情けない自分でも
負けん気を出してがんばろうとする姿が描かれている。”負けん気の決心”

ダメ自分を認めるのは辛い事だ。それでも、負けを認めるところからしか

始まらないことがあるのかもしれない。私たちの日常は、その繰り返しかも。

 

これは余談ですが、

「ベイベー!たとえ君に彼氏がいても、結婚して旦那がいても、構わないよ!

健気な、この健気な靖幸ちゃんとこれからもデートしておくれよベイベー!デートしてよね!」という決意表明に聞こえなくもない。

 向こう見ずでいじらしい作者に重なるイメージだ。

 

私の中では《降臨》といえば、聖母・マリアのイメージ。聖なる存在。

この歌の中では、激しく求め合った人物の降臨を願っている。

なんだろう? 無理めで曖昧な関係? あるいは、なかなかつかまらない 対戦相手に

今すぐon line 上に現れて欲しくて待ちわびている様子なのか。

それとも、特に約束はしていない状態で、いつものBarに相手が現れるのを期待して念じている様子なのか、テレパシー。

 「瞬間で」とあるので、なんとなくテレポーテーションな、超能力?

《遠くからそっと》人知れず ひっそりと 願うことかな。

 

映画「みんな!エスパーだよ!」に登場する、全裸で移動のバスケ部のあの先輩的な。

そして、ヒロインを聖なるものと恋慕い、あがめていたヨシロウにもイメージが被る。

これはもちろん勝手な想像だけど

冒頭の「激しい夜交わした」はつまり妄想で、だから後ろめたさを覚えたのではないか。なんちゃって。

それとも、気持ちを割り切った関係の筈なのに、後ろめたくなってきた?

 

いろんなシーンが思い浮かびます。

私は正解を求めている訳ではなくて、かと言って作者の意図を知りたくない訳でもないんですが、

岡村靖幸の場合でいうと、歌詞のヒアリングで空耳を楽しんだりしているので
それで充分楽しませてもらってます。

もしも答え合わせが出来るとしたら、、、
でもそれは、作品を生み出してくれた作者に委ねます。

色んな解釈を考えるのが楽しいので、ここに書いてます。

逆にいうと、歌詞でこれだけ、まだ書ききれない程に、聴く人の数だけ

いろんなシーンを内包している、岡村靖幸から生まれる歌詞は素晴らしいです。

「土・天・海・冥」っていうと「5!!モンキー(6thアルバム”Me-imi”収録曲)」にも通じるWord。

最近公開された、公式スマホFCのMVを観たのでそう思いました。

 

底知れぬ愛の沼の暗闇で、一縷の望みが唯一の光 to 真心。

闇が深いほど輝く夢。サウンド面でもその明暗が胸をつく一曲。

 

歌詞の言葉遣い wordの配置がなんとも言えない。

どうしたらこんな言葉が生まれてくるのだろうか。

後半の転調。この小節だけロマンチックである。さながら白昼夢。儚く甘い夢。

あたりで聴こえるbelleの音


アウトロ。ギターと大蛇みたいに絡みつくベースが耳福。

 

 

Ⓜ️②「新時代思想」

岡村靖幸には誰も追いつけないし、誰も岡村靖幸にはなれない。

 

Ⓜ️③「ラブメッセージ」オルガンがいい感じ

 

Ⓜ️④「揺れるお年頃」聖俗

 

Ⓜ️⑤「愛はおしゃれじゃない」
私の大好きな”愛おしゃ”。レッツゴー!!!こいちゃんがまた素晴らしい。

 

Ⓜ️⑥「ヘアー」
ぐっと腰にくる感じ。荒々しい
カップリングの「ラブメッセージ」では健気で可愛らしいエスパーチックな歌い方になっていた反動なのか?、
荒々しく歌い上げサウンドも岡村節全開な密度の濃い一曲。

 

Ⓜ️⑦「ビバナミダ」

Ⓜ️⑧「彼氏になって優しくなって」

Ⓜ️⑨「ぶーしゃかLOOP」

 

ずっとⓂ️①ばかり聴いています。じっくり何度も聴きたくて、でも耳は二つしかないので、まだ他の曲はあまり聴いていません。長い間待っていたのでゆっくり楽しみたい気持ちがあります。

なので、全体についての感想がまだ書けません。今後マイペースで追記・編集予定です。

 

待ちに待った新作オリジナルアルバムで、こんなにすごい新曲を1曲目に聴かせる岡村ちゃん。まだ当分、リピートは続くよどこまでも。

 

 

アルバム入手まで諸事情あり、スムーズに手元に届かず「幸福」を手にするまで時間がかかり泣きましたが

このアルバムを聴いたら別の意味で泣けました。

 

岡村靖幸さん、幸福なアルバムを有難うございます。

 

岡村ちゃんおめでとう✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。 

 

 *ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ✩‧₊˚岡村ちゃんだいだいだいだいだいだいだいだいきらい〜♪

f:id:takaran5:20160131235939j:plain

 

アルバム収録曲の感想を以下の日記に追記しました。

 

takaran5.hatenablog.com